ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

本文

平成28年度「若者大作戦事業」募集のお知らせ

新得町観光協会では新得町を活性化させる若者らしい斬新なアイディアや企画を募集しています!
選考を通った企画には最大100万円まで補助!
「我こそは!」と思った方は募集要項、補助申請要項をよく読み、新得町観光協会まで企画を送ってください!


平成27年度の若者大作戦事業結果についてはこちら
若者大作戦事業結果報告(PR動画や画像が閲覧できます)


 下記より募集要項、様式がダウンロードできます。
○企画募集要項(PDFファイル)

○補助金交付要綱(PDFファイル)

企画提案様式(PDFファイル)
  企画提案様式(excelファイル)



募集要項

■ 1.事業の目的
  「新得町若者大作戦事業」は、若者が若者らしい目線で企画し行う、地域課題の解決や地域の活性化創出活動などの多彩な取組みによって生まれる「新得の魅力」に磨きをかけ、観光客に選ばれる町、また来たくなる町を目指すことを目的とする。

■ 2.応募団体の資格

   次に掲げる要件の全てを満たす団体とします。法人格の有無は問いません。

(1)新得町内に住む20歳以上39歳までの者(以下「若者」という。)2名以上で構成する団体であること
(2)団体の構成員の過半数が若者であること
(3)組織の運営に関する構成員の名簿を整備・所持していること
(4)申請者は町民税その他租税を滞納していないこと
(5)政治活動又は宗教活動を主目的とする団体でないこと
(6)暴力団でないこと、暴力団・その他構成員(かつて構成員だった者を含む)・暴力団関係者の統制下にある団体でないこと
(7)団体の構成員の全員が次に該当しないこと
  ①成年被後見人又は被保佐人
  ②破産者で復権を得ないもの
  ③禁錮以上の刑に処せられ、執行終了日又は執行を受けることがなくなった日から2年未満の者
  ④暴力団員による不当な行為防止等に関する法律の規定に違反、又は刑法若しくは暴力行為等処罰に関する法律の罪を犯したことにより、罰金刑に処せられ、執行終了日又は執行を受けることがなくなった日から2年未満の者
  ⑤暴力団の構成員(かつて構成員だった者を含む)・関係者

■ 3.募集する事業
  以下の条件を満たす事業の提案に対し、審査の上、補助します。
  なお、事業実施場所は、町内のみとします。

(1)次のいずれかの部門及び要件に該当する事業であること
  ①観光部門
     地域の課題解決、又は地域の活性化により、観光客の誘客が期待できる事業
     (例)イベント開催事業、組織体制整備事業、異業種交流事業 等

  ②食・マーケット部門
     積極的に地場産品を活用し、地産地消を目指すことにより、それを目的に来訪する観光客の誘客が期待できる事業
     (例)地元産品を活用したメニュー開発、地元産品を活用したスイーツづくり 等

     ※事業提案については、1団体につき1提案までとします。

    (2)若者ならではの独創性、先進性のある自発的な企画による事業であること
    (3)地域の課題解決や地域の活性化に相当の効果があること
    (4)将来に向けた事業展開が期待できること
    (5)夢基金を活用した事業であっても申請可能(同一年度の二重補助は認められません)

     ★次に該当する事業は提案できません。
     ①事業実施場所が町内でないもの  
     ②営利を主目的とする事業及び営利を目的とすると判断される事業
     ③特定の個人又は団体のみが利益をうける事業及び利益をうけると判断される事業
     ④政治、宗教に関わる事業及び関わると判断される事業
     ⑤国や県、市町村等の他の事業により補助又は委託を受けている、又は受ける見込みの事業
     ⑥法令等に違反する事業
     ⑦既存団体がこれまでも定例的に複数年度にわたり開催してきたものでないこと

 ■ 4.事業実施期間  
     平成28年5月1日から平成29年3月31日まで

 ■ 5.補助件数及び補助金の額
     (1)補助件数:2件程度
     (2)予算額:200万円
     (3)補助金額:定額(100万円を上限とします)
      ★補助金の額は、次の①に規定する補助対象経費の合計額から②に規定する参加料収入など補助事業によって得た収入を除いた額と、100万円とを比較して、いずれか低い額以内の額とします。
      ★補助事業は予算の範囲内での執行となるため、採択された場合であっても、企画提案のあった事業費の全てを補助しない場合があります。

       ①補助対象経費:事業実施に直接要する次の経費
   区分 内容
     ア 謝金 外部講師やコンサルタント等に係る謝金
     イ 旅費 渉外活動に係る交通費、外部講師等の交通費・宿泊費
     ウ 印刷製本費 パンフレット、チラシ、各種資料等の印刷費
     エ 消耗品、
   材料購入費、消耗品、材料(単価3万円未満の物品)等の購入費
     オ 通信運搬費 電話代、郵送料等
     カ 委託費 当該経費の支出が事業の趣旨に合致し、委託が真に必要不可欠である場合の経費
     キ 保険料 イベント保険等
     ク 使用料 会議室等の賃貸料、土地使用料、機器のリース・レンタル料
     ケ  その他 その他会長が必要と認める経費(食糧費は原則として認められません)
       
②補助事業による収入
     参加料収入や補助金で作成する印刷物の頒布収入など事業実施による収入
     ※補助対象外経費
     ア 旅費  構成員の交通費
     イ 印刷製本費 補助対象事業以外に係る資料等の印刷費やコピー代
     ウ 備品 単価3万円以上の物品
     エ 通信運搬費 補助対象事業者施設や個人に係る電話代
     オ 保険料 火災保険、地震保険、車両に係る保険の保険料
     カ その他 その他会長が不適と判断した経費
    
■ 6.募集期間・書類提出先
(1)募集期間
    平成28年4月22日(金)~5月20日(金)必着
    ※事業提案が、予算等に満たない場合は、再度応募期間を設けます。
(2)書類提出先
    〒081-8501
    北海道上川郡新得町3条南4丁目26番地
    新得町観光協会(新得町役場産業課 観光係)
    TEL 0156-64-0522
    FAX 0156-64-6464

■ 7.提案方法
   以下に定める提出書類に必要事項を記入のうえ、新得町観光協会まで郵送又は持参してください。
   なお、電子メールでの受付は行いませんので注意してください。
   ○提出書類
   本事業に提案する団体は、次の書類を1部作成し、提出してください。
   ①企画提案書(様式第1号)
   ②事業計画書(様式第2号)
   ③収支予算書(様式第3号)
   ④添付書類
    ア 申請者の完納証明書
    イ 最新の構成員名簿(年齢を記載したもの)
    ウ その他参考となる資料(団体を紹介した記事など)
   ※提案に係る経費はすべて提案者の負担とします。
    また、提出された書類は、理由のいかんにかかわらず返却いたしません。

■ 8.審査・選考方法等について
  提出された書類に基づき選考を行います。
(1)審査・選考方法
   各団体からの提出書類をもとに、選考委員により書面による審査を行い決定します。
    なお、提案概要に不明な点がある場合等については、直接、事業内容等の聞き取りを行います。
(2)選考委員
   ・新得町観光協会長
   ・新得町観光協会副会長
   ・新得町観光協会理事
(3)企画提案内容を審査し、適正なものと認めたときは、事業認定通知書により採択決定を行います。
    なお、事業不採択となった場合は、事業認定不採択通知書により通知します。
(4)事業の複数年度にわたる申請について
   実施した事業が定着し、効果を生むために一定の期間が必要である場合は、同一団体による同じ事業内容での申請を3年間可能とします。(連続した3年間とします。)
   ただし、審査がありますので、必ず補助を受けられるとは限りません。

■ 9.助成事業の流れ
企画提案書の提出 → 審査 → 採択決定 → 交付申請書の提出 → 
交付決定 → 事業実施 → 実績報告書の提出 → 補助金の確定   
★事業実施については、交付決定~平成29年3月末まで事業計画に沿って実施   
★実績報告書の提出は、事業終了後30日以内とします。
★実績報告書の審査及び完了検査終了後、補助金確定の通知
※補助金確定が行われた後、補助金の精算払いを行います。
 なお、必要な場合は事業申請に併せてその一部(70%以内)を申請し、概算払いを行うこともできます。

■ 10.留意事項等
   助成を受けた団体の義務
   ①別に定める町の補助金交付要綱の規定を遵守し、適正な経理処理を行う義務を負います。
   ②実施事業の周知、広報について、事業実施期間内及び事業終了後について協力をいただきます。
   (周知広報の例)
    ア 報道機関等に対する情報提供
    イ 町広報媒体での実施事業の紹介
    ウ 町ホームページ等での情報発信素材提供

 
▲ このページのトップへ